廃村 矢島町桧沢 ~冷えた斜面の休憩地~

廃村 矢島町桧沢 (ひさわ)

廃村 矢島町桧沢 小屋

真の「潰れかけ」。

About 廃村 矢島町桧沢

秋田県由利本荘市矢島町荒沢字桧沢にある廃村。2014年無人(個別移転)。最盛期5戸とされるが、現在は小さな作業小屋と1戸が確認できるのみである。標高290メートルの高地にあり、長年1戸がこの地をつなぎ留めてきた。

スポット評価

終末度合い13
訪問難易度17
観光地要素15
化石的価値17
総合評価62

またもや現れる矢島のサンクチュアリ。しかし今回は羽後町沿いではなく、鳥海高原花立牧場に抜ける南西側のエリアに値する。道中や周辺集落も終末観光にはもってこいの良スポットであり、ここを目印にドライブを楽しむのも悪くない。是非ともポケストップにしていただきたい。

特徴

平成も終わろうという2018年の秋、まさか矢島駅周辺を散策し、お寺観光をして「満喫した」と豪語する猛者はいないことだろう。二股に分かれる県道32号線を目にしたとき、我々はそのアンテナを磨きなおし、虎の子まんじゅうを握りつぶす覚悟があるか試されているのだ。

矢島駅から真南に1キロあまり、きな臭い入口がのこのことやってきた。

廃村 矢島町桧沢 入口

上荒沢地区を抜けるとすぐ見える。ご丁寧な標柱もセットだ。

今回は「林道 桧沢線」と明示があるのでスタートがわかりやすかった。

形はどうあれ、廃村の名前が形として残っているのは良いことだ。一礼して進む。

廃村 矢島町桧沢 道中1

沢沿いの道中(ゆるい上り坂)。先が見えるのでまだセーフ。

林道に入ると、ほどなく上画像のような風景になる。はじめは今晩の晩飯を考えながらのこのこと進む我々だったが、ここから先は500mの間で標高が150m上がる急こう配だった。

画像を撮影するスキマもないほどに、ヘアピンカーブをベタ踏みで登っていくことになる。駅周辺の廃村 高山に至る道中(城内小田や祥雲寺から駆け上がるルート)が思い出される。※下マップが祥雲寺裏

鬱蒼とした森の中を駆け上がり、2回くらい諦めかけるとようやく頂上らしき場所に達した。登り坂の獣道があったので、これから訪問する方はそれを目印にしたい。

そこからはまたゆるやかな上り坂に戻る。平穏を取り戻し、道中のことは忘れよう。

廃村 矢島町桧沢 廃屋

今宵もまた唐突な廃屋。

平たくなった大地をかき分け、ゆるやかなカーブで左に触れるとコイツが見えてくる。全く気配すらなかった道中に、突如として現れる大物にみな声を荒らげることだろう。

後でわかったことだが、ここまで通ってきた林道はあまり使われておらず(※軽トラ1台すれ違ったけどね)、この先に伸びる舗装道が東に100mほどのところにある「熊ノ子沢集落」に連絡している。

電車でいうと「鑓見内(上荒沢)~大曲(桧沢)~刈和野(熊ノ子沢)」路線のイメージだ。桧沢が田舎道の中継地点になっているのだ。

廃村 矢島町桧沢 小屋跡

農機具や生活家電は放置され、その時を止めていた。

先ほどの廃屋1棟が残るのみで、他は小屋かその跡がわずかに散らばっているばかりである。

田畑はほとんど手付かずの状態だったが、家向かいの小さな庭では野菜の苗がわずかばかり植えられていた。彼らだけは自然の恩恵を受け、すくすく成長しているように見えた。

廃村 矢島町桧沢 畑

住居と周辺の土地は移転者(施設へ入居)の親戚が管理しているらしい。

分校が建っていた熊ノ子沢は、県道から数百メートル離れた高台の集落で、ここを中心に、檜沢、大谷地、石滝、濁川、野際、柴倉と小集落が点在している。地区一帯は傾斜地になっているため、棚田が多く、山水画のような風景が続く。 ※「秋田・消えた分校の記録/佐藤晃之輔/2001」内「矢島小学校 熊ノ子沢分校」より抜粋

 

2001年の書籍で「人口が半減」と書かれた熊ノ子沢一帯は、いずれも数戸を数えるばかりの限界集落郡となっている。廃村 貝喰のように、いつか跡形も無くなってしまうのだろうか。

廃村 矢島町桧沢 アンテナ

これは…?

ちなみに、桧沢の廃屋裏にある丘にはこんな建造物があった。よく見ると、テレビ電波を受信するためのアンテナであることがわかった。

長年一戸で生き抜いたKさん、少なからずDIYの才能には長けていたことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA