矢島小学校元町分校 ~近場の離れに歴史あり~

矢島小学校元町分校(もとまちぶんこう)

矢島小学校元町分校 正面

ハッキリした姿、ほれぼれします。

About 矢島小学校元町分校

秋田県由利本荘市矢島町元町字轟木にある学校跡。国道108号線沿いからも見ることができ、分校の中ではかなり発見しやすい部類に入る。また、現在は地区会館として利用されているらしい。

スポット評価

終末度合い10
訪問難易度7
観光地要素9
化石的価値17
総合評価43

最寄り駅である由利高原鉄道「矢島駅」から徒歩10分ほどで訪問可能。すぐ後ろに墓地があるので、通れば嫌でも目に入る。比較的建物の状態もよく、雪深い場所の割には丁寧に管理されているのだろう。

特徴

由利本荘市矢島町はかつて生駒氏が治める1万石の城下町だった。しかしそんなことは当サイトにとってどうでもいい。町が勧める歴史まちあるきのコースはありきたりなのですべてスルーしていく。

駅から南東に進むと、廃墟になっている「ファミリーセンターたかよし」が見えてくる。おそらくこのまま残されるであろうたかよし君の賑わいに想いを馳せていると分校にたどり着く。

矢島小学校元町分校 入口

狭隘道路の隙間から謎の入口。其即ち面妖なり。

名著「秋田・消えた分校の記録」によると、主な歴史は下記の通り。

明治7年  (1874)  2月 智進学校と称し創立(民家を間借り)
明治25年(1892)  6月 元町尋常小学校と改称
明治41年(1908)  5月 矢島小学校の分教場となる
明治41年(1908)  8月 校舎新築
昭和35年(1960)  6月 PTAからテレビ寄贈
昭和39年(1964)  2月 創立90周年記念式を行う
昭和42年(1947)10月 電話新設
昭和45年(1950)  4月 統合(名目)により、元町校舎となる
昭和47年(1952)  3月 閉校

こんな何気ない町中に、100年以上の歴史を誇った分校跡があるとは驚きである。事実中嶌は撮影時「分校跡だとは全く気付かなかった」という。

ただよく見ると、公園や地区会館はなく学校だったときの面影も感じられる。

矢島小学校元町分校 ななめ

もはや鉄棒は何年使われていないのか…

閉校済の小学校といえば現在掲載済のものだと亀田小学校上岩川小学校などがあるが、やはりここは”分校”なので大きさが違うのが一目瞭然だ。

 

更にほかの分校と違い、駅からも近いため通常の分校(遠隔地訪問高難所箇所)よりも非常にわかりやすい。鳥海地区への訪問ついでに寄ることもできるので、矢島方面へ訪問の際は是非訪れていただきたい。

ちなみに分校手前には現役の個人商店「美好屋」さんがある。周辺の道路は狭いので、最寄スーパーなどから徒歩で向かい、是非飲み物などを購入したいところだ。いつまでもお元気で…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA