羽後町杉澤児童館 ~ウゴイルカ回遊の里~

羽後町杉澤児童館

羽後町杉澤児童館 外観

About 羽後町杉澤児童館

秋田県雄勝郡羽後町軽井沢中杉沢にある児童館。羽後町西部の山間部にあり、県道沿いでもないため車通りは少なく、利用されているようにも見えない。

スポット評価

終末度合い16
訪問難易度14
観光地要素15
化石的価値16
総合評価61

ふと見かける未知の建物こそあてのない運転の楽しみだ。不思議と周辺施設も充実しており、ここまでたどり着いた者へのご褒美ということか。

さじなげB級ポイント

そう遠くない昔、苦痛でしかなかった運転もいつの間にか趣味となっていた。よく聞いていたCDを久方ぶりに回し、懐かしさに浸ることもある。

県道34号線、東由利から羽後町田代、仙道へと続く羽後向田館合線は標高も少し上がり、廃墟と廃屋が増殖する魅惑の原生林である。

羽後町立軽井沢小学校蒐沢分校
蒐沢分校(1994年廃校) 跡地付近

羽後町西部の軽井沢集落が今回の舞台。中心地には空になった田代小学校が鎮座し、児童の姿は見られない。南東部には羽後町立軽井沢小学校蒐沢分校の跡地もあり、人目につかない棚田を見ればもう虜である。

鳥海町にもほど近く、どこを通ってもカメラを構えずにはいられない。田代小の北側にある石沢川沿いに歩みを進めればまた違った姿が現れる。

羽後町中杉沢 羽後町杉澤児童館
羽後町山村広場 羽後町杉澤児童館

入り組んだ川沿いに点在する作業小屋、360度標高が異なる鳥瞰、高瀬小・上仙道小・田代小の中間地点に作られた山村広場(入口封鎖済)は観光客を受け入れる気が微塵も見られない。傾いたガードレールが地域の将来を語っている。

広場を過ぎて北に300m、狭い平地に2戸の住宅が建ち、茅葺きの小屋手前にあるのが杉澤児童館である。

羽後町杉澤児童館 入口

先日訪問した小杉澤会館がフラッシュバックし、すぐ車を停めた。

この系列の建物は集落誌でも作られない限り歴史が記されることがなく、時限的な記憶でしか語ることができない代物だ。お世辞にもここが賑わった時代があったとは思えないが、かつての喜びはかけがえのないものだったはずだ。

羽後町化石の森公園

また、集落から100mほど東(羽後町上杉沢付近)には「化石の森公園」という道路と駐車場があるだけの謎地帯が整備されていた。

看板自体が化石になりつつあるが、そこには「農道工事の際に化石が見つかり、それが1200~1500万年前の海底地層であること」、「ウゴホタテやウゴイルカと呼ばれ、羽後町で最初に発見されたこと」、「観察してもよくわからないこと」が記されている。

子どもたちもこの地で大きく首をかしげたことだろう。不思議な出会いに喜びながらも、腑に落ちないもどかしさが残る場所だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA