二ツ井町 旧仁鮒小学校 ~かなりや鳴く頃時代の終わり~

二ツ井町 旧仁鮒小学校 (ふたついまち きゅう にふなしょうがっこう)

旧仁鮒小学校 全景

About 二ツ井町 旧仁鮒小学校

秋田県能代市二ツ井町仁鮒後山52-1にある小学校跡地。集落の中心にあるが活用はされておらず、静かに時を刻み続けている。1877年開校、2008年廃校。4434名もと若者がここから巣立っていった。

スポット評価

終末度合い12
訪問難易度11
観光地要素16
化石的価値16
総合評価55

木造の校舎は取り壊すガッチリ活用するかの2択に絞られがちだが、目立つ場所で放置されている仁鮒小は通るたびに悲しみが募る。艶めいた閉校記念碑とは対照的に、たった10年でここまで寂れてしまうものかとショックを覚えてしまう。

さじなげB級ポイント

能代市二ツ井町は「木都能代のおひざ元」として栄華を誇り、北部の藤里町と併せて伝統木材「秋田杉」の絶好の生産地であった。ここ数年は地場木材を再評価する動き(例:杉恋プロジェクト)も出てきたが、それでも林業従事者は減少の一方である。引く手あまたの市場だが、目指す若者も少ない。

二ツ井エリアには当時を物語る地名(例:荷上場)も残り、昭和の風景を今に残す「駅中心の商店街」を垣間見ることができる。三種町琴丘鹿渡駅前よりもオススメだ。

旧仁鮒小学校 二ツ井駅前

二ツ井駅前(中央奥が駅)。心くすぐる直線道路が残る。

畠山書店で地図を確認し、万福食堂で名物の「ザザーメン」を食べたら準備完了だ。

二ツ井小と「じゃっぷう」を舐めながら県道203号線のいちょうはしを南下すれば目的地の登場だ。木をぬくもりを一切感じることなく、冷徹な時代の逆風を肌にすり込もう。

旧仁鮒小学校 体育館

校門向かって左が体育館。時計は17時43分で止まっていた。

10年とは思えない歴史の重み。同じく2008年に閉校した旧切石小学校(近日更新)とは建築年こそ違うものの、こちらの方が面妖な有様を住宅すぐ近くに残している。

ここは住所区分も「仁鮒」である。川沿いであることからその地名がついたのであろう。更にここからは14kmほど南下可能で、ガケや集落を挟みつつ旧林道沿いに田代集落が続いている。そしてその先には「日本一の天然秋田杉」があるため、二ツ井観光(南編)はセットで訪れたいところ。

旧仁鮒小学校 石碑

閉校記念碑とは別にこんなものが。

また、ここには成田為三先生勉学の地という石碑がある。「浜辺の歌」などの作曲した秋田の有名人であり、尋常小学校時代に巣立ったことを記念して楽譜まで載せているのだ。

こちらはまだ風化しておらず、廃校に添える楽譜の浮き具合を楽しむことができる。

旧仁鮒小学校 メッセージ

左上に注目。

しかし唯一残念だったのは、結露のせいか「閉校ありがとう仁鮒小」がとれかけていた点である。100年以上地域を支えた学び舎、せめて最期くらい紙印刷ではなく看板掲示がほしかった。

あした浜辺をさまよえば、昔のことぞ、偲ばるる…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA