二ツ井町 旧田代小学校 ~陰り始めた辺境博物館~

二ツ井町 旧田代小学校 (たしろ)

二ツ井町 旧田代小学校 外観

About 二ツ井町 旧田代小学校

秋田県能代市二ツ井町田代にある小学校跡。1878年(明治11年)開校で、現在の建物(上写真)は1949年(昭和24年)、新校舎(ページ後半で載せている建物)は1960年(昭和35年)に建築されたもの。2007年(平成19年)に127年もの長い歴史に幕を下ろした。

スポット評価

終末度合い19
訪問難易度18
観光地要素20
化石的価値20
総合評価77

田園風景にポツンと残る飛び地のような小学校はちょっとした恐怖も感じられる。人通りも極めて少ないため、本当にかつて子供が通っていたのかと疑問すら覚えてしまう。そして何よりプールの無機質さが怖い。

さじなげB級ポイント

能代市二ツ井町の廃校シリーズは、旧仁鮒小学校旧切石小学校に続いて3校目になる。つまりコイツがボス級の扱いということだ。

南北に広い二ツ井エリアをいとく付近から南下し、県道203号線(高屋敷茶屋下線)のいちょう橋を渡れば前述の仁鮒小にたどり着く。しかし今回は更に足を進め、揚石トンネルをくぐって未知の世界へと参ろうではないか。

二ツ井町 旧田代小学校 揚石トンネル
二ツ井小掛から見た揚石トンネル入口。
先に集落があるとは考えづらい。

揚石トンネルを出てすぐ右にある未放送道の先は廃村「揚石」とされているが、季節柄熊を考慮したことと車での到達が困難だったため未訪問である。次回は再度チャレンジしたい。(※曲がってすぐの荒地ではないらしい)

そこから八木沢集落への道中を感じさせる川沿いの道が続いていく。B級旅の醍醐味ともいえる知的好奇心林道だ。
しばらく何もない林をくぐりぬけると、ギリギリ集落としての空気を保つ横渕エリアが現れる。突き当たりは294号線(能代市桧山地区へと続く)と合流しており、左折して進もう。

ちなみに294号線の先は更に川沿いが続き、濁川嘉賀助沢まで続く5kmほどの旅路となっている。ナビがなければ、初見ならまず間違いなく途中で引き返すだろう。ビギナーは左折すべし。

二ツ井町 旧田代小学校 看板
「ふるさとのこと もっとしりたい」のはやまやまだが、何も知ることができない。

左折した先の小集落2つ目にあるのが本日の主役さんだ。
旧田代小学校はL字型の木造2階建て校舎で、同一敷地内にグラウンドとプールを配備するナウい学校だ。

なお「田代杉の子博物館」は…全くもって詳細不明である。合併前後の道路地図を探したが「集会所」との明記にとどまっており、住民自治による自主運営施設だったと推測される。

二ツ井町 旧田代小学校 銅像
100周年記念の像は木々に隠れ、森の守り神と化していた。

画像は載せないがプール周辺は苔が生い茂り、排水溝は小さな湿地帯となりそこから草木が映えるちょっとしたトラウマスポットに変化している。

しかしこの僻地にありながら、きっちりした屋外プール付きとは珍しい。25mの隣には底の浅い円形のプールもある。逆に言えば段上げされていない平地に掘る形で作られており、仕切りも1mほどの網目状白格子があるのみでロリコン歓喜の状況となっている。時代が早すぎたんだ…

二ツ井町 旧田代小学校 全盛期
全盛期の姿とみられる空撮。写真左部分(北方向)がグラウンドと思われる。

閉校後数年は利活用に関する公募も行われていたが、地理的条件が悪いため手が挙がることはなかった。

2017年資料では「旧田代小、旧切石小、旧仁鮒小の順番で(解体を)検討している」という記述もあり、間もなく本当に幕を下ろしてしまう可能性が高い。

是非とも3校つづけて訪問していただきたい物件である。僻地に歴史あり。

1 個のコメント

  • お初にお目にかかります。
    この小学校は家族が通っておりまして、調べものをしていたらこちらにたどり着き、このページを見つけて思わずコメントを送った次第です。
    「田代杉の子博物館」が何なのか私も疑問に思っていました(笑) 情報提供できず申し訳ありません。
    また、解体の話が出ていることを初めて知りました。用事でこの辺りまで来るたびに校舎を眺めていましたが、それができなくなるのだと思うと少し寂しい気もします……。

    廃墟や廃村が好きなので、ときどきこちらのサイトを覗きに来ようと思います(笑)
    突然のコメント失礼いたしました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA