神馬沢集落 ~馬と三種の神隠し~

神馬沢集落(じんばさわ)

神馬沢集落 1

About 神馬沢集落

秋田県山本郡三種町上岩川字神馬沢にある全4戸の集落。上岩川地区は基本県道4号線沿いに点在しているが、ここだけは林の中を500mほど入っていったところにあるため、見つけにくい。

スポット評価

終末度合い16
訪問難易度10
観光地要素8
化石的価値12
総合評価46

上岩川エリアドライブ唯一の脇道スポットのため、ここを目指してきても損はない(さじ委調べ)。末端の入通・松木沢エリアはまあまあ家があるので達成感では前者が上回っている。ここだとラジオは入らなそうだ…

特徴

三種町上岩川エリアは森岳温泉、もしくは鹿渡地区から内陸に入った南北に長いエリアだ。観光客はほとんど出入りしないので、車とすれ違うことも少ない。

ここは集落ごとに「説明の看板」が立てられている。

神馬沢集落 2

手が映っているが、もちろん心霊写真ではない。

「馬かくし 開きたるは 神馬沢」

…なぜ馬を隠す必要があったのかは不明だが、隠すのにもピッタリな奥まった地形だ。先人のフロンティアスピリッツと住民の矜持が静かに響き渡る。

神馬沢集落 全景

いつも考える、「除雪スタッフの皆さん本当にありがとう」と。4戸のためにどれだけの労力がかけられているか、インフラ業務の皆さんには頭が上がらない。

ちなみに、某書籍にて「集落維持に必要な最低戸数は4戸」という記述を見かけた。……陰ながら、陰ながら応援しています。また訪問するその日まで。

神馬沢集落

【追記】2019年夏再訪。全3戸になっていたが、おだやかな風景はそのまま。

道中は耕作されていないため不安を感じるが、また来たくなる不思議な魅力がある。さじ委は神馬沢集落を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA