鹿角市立十和田小学校山根分校 ~永久保存ゴースト~

鹿角市立十和田小学校山根分校 (やまね)

鹿角市立十和田小学校山根分校 外観

About 鹿角市立十和田小学校山根分校

秋田県鹿角市十和田山根大畑にある分校跡地。県内ラストの分校としてなんとか持ちこたえていたが、2011年に惜しくも廃止された。本校までは約4km。

スポット評価

終末度合い14
訪問難易度13
観光地要素14
化石的価値17
総合評価58

「最期の分校記念館」としての保存が望ましい。アクセスもそれほど悪くなく、状態も良い。このまま見捨てるにはもったいなさが過ぎる。

さじなげB級ポイント

廃村に勝るとも劣らず、分校の足跡は空前の灯だ。本校すら亡くなっていくこの時代に我々は立ち尽くし、手を見るしかないのだろうか。

今更悔やんでも仕方がない。人口増加にミクロも貢献していない委員3人が何を宣うか。反省する前に有機物への出会いを求めるべきだ。

鹿角市立十和田小学校山根分校 入口

しかし不思議なものだ。出会いを求めていた自分が、気づいたら学校にたどり着いていた。ロリコンの節は無いがいささか不安になってしまう。

鹿角市立十和田小学校山根分校は1888年の開設で、平成期に突入しても10~20名の児童を維持している珍しい学校だった。地図上で確認すると毛馬内と大湯の中間にある台地とわかる。通学の不便さが分校設置の理由といえよう。

鹿角市立花輪小学校花軒田分校 道路

校舎前にはあまり見ない「旧山根分校グラウンド」の避難指示看板がある。理由はどうあれ、分校であることを確認できる設備はたいへん珍しい。

車で訪問すると舗装道のみで、辛い道中もなく容易に訪問できる。有難い。

鹿角市立花輪小学校花軒田分校 バス停

向かいにはバス停、更に寂しくなる激アツホームページもそのまま残されている。現在はバス通りではなく、活用されていないのが残念でならない。ただその姿には住民の矜持も感じられる。

調べたところ、現校舎は1958年に建築されたものだという。昭和初期~中期の建築物はまだまだスポットが当たらないが、令和の時代に新たな資源として開拓されることを祈りたい。我々も多くの魅力溢れる日本男児なのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA