角館町立中川小学校川崎分校 ~静かな薄口マインロード~

角館町立中川小学校川崎分校

角館町立中川小学校川崎分校 外観

About 角館町立中川小学校川崎分校

秋田県仙北市角館町山谷川崎雫田271-1にある学校跡地。周辺は原野に戻っているが、標柱がギリギリ耐え忍んでいる。1962年に閉校した。

スポット評価

終末度合い13
訪問難易度16
観光地要素17
化石的価値12
総合評価58

かつては巨大な日三市鉱山を有し、児童数も500名を越えたマンモス校だったという。往時の姿はどこにもなく、静かな集落には哀愁が漂う。

さじなげB級ポイント

特大のタイムパラドックスを乗り越え、ドンキーコングをクリアすれば角館武家屋敷通りがすぐそこに。便利な道路は数あれど、廃墟訪問には旧道を使うのが一番である。文明の利器に反する趣味は道中もまた然り。

ファミリーマート角館川原店から県道250号線に入る。林道跡らしき一本道を煌びやかな田園と共に走り抜けていく。途中の公民館は砂利に塞がれていた。

県道250号線高屋付近
川崎文化振興会館

細い路地を8kmあまり旅ゆけば雫田(しずくだ)集落だ。山もしばらく後ろにあって平地が多く、交通道から遠く離れているため実に静かである。

学校跡地は集落の入口にあり、木造かつ瀕死状態の柱が学校跡を記している。

角館町立中川小学校川崎分校 石碑

角館町立中川小学校川崎分校は明治9年の開校で、先述の通り明治40年頃は鉱山採掘が全盛を迎えて、児童数が500名を越えたという。

大正12年の閉山と共に川崎小から分校に格下げ、その後児童数も減少を続けた。

角館町立中川小学校川崎分校 旧校舎

また、集落の奥には旧校舎跡(鉱山時代の集落跡でもある)を示す標柱が建っている。なぜかこっちの方が新しい柱なのは謎のサプライズ。

ちなみに統合先の中川小学校素晴らしい校舎を持ちながらも2020年3月に閉校し、角館小学校に統合された。分校も本校も歴史の中に閉ざされていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA