廃村 協和町古種沢 ~時の流れコンビニエンス~

廃村 協和町古種沢(ふるたねざわ)

About 協和町古種沢

秋田県大仙市協和中淀川字古種沢にある集落跡地。最盛期5戸で、1971年に集落再編成事業によって離村した。現在も一部の作業小屋や神社が残っている。

スポット評価

終末度合い12
訪問難易度15
観光地要素15
化石的価値17
総合評価59

良アクセスにも廃村は忍んでいる。これは秋田県人の視野がいかに狭く、小さい世界で権力者を持ち上げているかをよく表している。という文言にすら騙されてしまう。

廃村 協和町古種沢のさじなげB級ポイント

すっかり落ち込んでいる。中嶌がようやく一眼レフを取得したと息巻いていたのもつかの間、10年型落ちのデジカメが珍しくぼやけている始末。しかしすぐSNSで暴論を言う奴らの伝手を踏んではいけない。ここは冷静にレポートに移りたい。

大仙市協和町、おもしろ館おとぼけビーバーがある旧ビッグドン(レジャー施設)跡地付近が入口となっている。この細い道路は国道13号線整備前からある生活道のひとつで、協和ICのある中淀川地区千着集落へと通じている。廃村はその途中に残されている。目と目が合ったらミラクル。

古種沢

ラブホを過ぎると環境保全センターと排水処理施設があり、それ以降は上画像のようになる。

一見だいぶきな臭いが、協和淀川から秋田市河辺への最短ルートのため意外とすれ違う車がいる。

400年の記憶
協和町古種沢 家屋

協和町古種沢オートランド秋田と協和ICのちょうど中間、細い通路のような地帯にわずかに残された集落跡地である。

Googleストリートビューもあるため、全景は誰しも確認が可能だ。

協和町古種沢 南側

南部には排水設備の建物もだいぶ寂しそうに築かれている。

田畑はよく整備されており、元住民による耕作が続いており生命の息吹が感じられる。木々に囲まれた小さな祠にも新しめな御神水が供えられていた。身近な廃村として、是非社会科見学の候補地に推薦したい。もしくは学校での講演会を望むところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA