廃村 浮蓋 ~消え去りし横荘線の駅前~

廃村 浮蓋 (うきぶた)

廃村 浮蓋 入口

雨垂れ土地をも穿つ。

About 廃村 浮蓋

秋田県由利本荘市東由利老方(おいかた)浮蓋にかつて存在した集落。平成10年(1998年)に無人となった比較的新しい廃村だが、小屋一棟が残るほかは荒地になっている。最盛時6戸。横手市との境界にあり、トンネルを抜けると旧雄物川エリアになる(上画像は東由利浮蓋側から撮影)。

スポット評価

終末度合い23
訪問難易度17
観光地要素15
化石的価値21
総合評価75

後述するが、かつて駅は存在したとはとても思えない有様。ストリートビューでも確認できるが、東由利側来ると狭隘な道路をひたすら進むことになる。何度も廃村と見せかけて生き残る限界集落を眺めたのち最後にたどり着くのが浮蓋地区だ。一応行き止まりではなく、地元民が生活道として使っている痕跡もあったので訪問はまだしやすい方か。そしてトンネルが超絶怖い。

特徴

東由利中心地にある湯出野遺跡すらかわいく見えてくる県道48号線沿いは、かつてここに存在した「横荘鉄道」の血を引く道路である。

今や眠る横手駅5番ホームから出発した赤き閃光は、大正から昭和中期にかけて豪雪地帯の重要な交通手段となっていた。その証拠に、東由利町史には「列車が隧道を越えて我が町にたどり着いた瞬間、我々はこの上ない歓声に包まれ、みながこの大工事の偉大さに感謝した」とある。

かつて犬ぞり屋が蔓延るほどの交通難所だった町に、巨大な鉄の塊が颯爽と登場したことはさぞ嬉しかったことだろう。中にはわざわざ横手まで行って電車に乗ってくるひょうきん者もいたという。

廃村 浮蓋 東由利側

上写真の少し引いた状態。

まさかそんな歴史の大舞台が姿を消してしまったとは、夢にも思うまい。

写真にある部分(トンネル手前)に車が2台ほど寄せられるスペースがあり、ここの少し手前がかつての「浮蓋駅」跡らしい。なにも…なにも残っていない… トンネル内の暗闇と滴る水の音、鳥のさえずりだけが聞こえる静かな場所だ。

集落の歴史は古く、小野四良左エ門家は1600年代に住み着いたとの記録が残っているし、浮蓋山ノ神の神社に「寛政7年(1795)支配作十郎」の棟札が奉納されている。また、小野孫輔家の墓石には、文政9年(1826年)の文字が見える。 ※「秋田・消えゆく集落180/佐藤 晃之輔/2017」より抜粋

廃村 浮蓋 駅前集落跡

集落跡。かつては画像中央奥に家屋があったが、現在は石段のみ。

手前の祝沢集落には数軒家があって駅が作れそうなスペースもあるが、当時はもう少し狭かったのだろうか。東由利側にはかつて浮蓋駅と老方駅(現在の道の駅から少し北、「グループホームきざくら東館」付近)の2つしか存在しなかった。

それもそのはず、名だたる地主たちの力添えもあって進められた偉大なる陸羽横断計画(秋田でいうところの本荘~横手間の鉄道開通)は、天災によって打ち砕かれることになる。

長年にわたって道路補修や建築用骨材として川砂利が濫獲されており、加えて戦後行われた治水目的の堤防工事もあって建設当初よりも河床が低下していた。そこに1965年(昭和40年)7月9日の集中豪雨いによって(中略)危険な状態となり、(中略)1966年(昭和41年)2月4日早朝、出勤前の見回りに出ていた職員の目前で9号橋脚が倒壊。館合~二井山間は営業廃止となった。 ※「RM LIBRARY 61 羽後交通横荘線 -オラほの横荘っこ-/若林 宣/2004」より抜粋

 

廃村 浮蓋 手前祝沢集落

浮蓋から少し戻った祝沢集落付近。道路が狭い。

(詳しい言及は面倒なので避けるが)ただでさえ財政的に厳しかった横荘鉄道の経営に、橋の復活というのは到底不可能な難題であった。

 

また、1996年には「マイカー元年」と呼ばれる初代カローラの発売が片田舎にも否応なく影響を及ぼし、昨今叫ばれている鉄道不況を先取りした車社会化が起こったのだという。

そして1971年、横荘鉄道は全線廃止となった。もし夢の園萬鉄道が開通していた暁には、浮蓋の命ももう少し長引いたのだろうか… (※浮蓋部分は1953年廃止


↑浮蓋駅周辺を映像で確認できる。車で進んでいるのが県道48号線。

 

唯一この廃線に希望があるとすれば、手前の老方松倉付近の壁が
マリオカート64のチョコマウンテンっぽい」ことだ。

廃村 浮蓋 ヨッシー

※実際の松倉集落にヨッシーはいません。あしからず。

都会にいるマリオカートお兄さんたち、今こそ集結の時だ。

当委員会は最新作でのチョコマウンテン復活を渇望します。訴え続くよどこまでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA