羽後町立西馬音内小学校田沢分校 ~圧倒的定員割れ~

羽後町立西馬音内小学校田沢分校

羽後町立西馬音内小学校田沢分校 外観

About 羽後町立西馬音内小学校田沢分校

秋田県雄勝郡羽後町田沢字長崎にある廃校跡地。1883年開校で、県内ラス4の分校として長い歴史を歩んでいたが、2002年に閉校したのち建物は解体された。

スポット評価

終末度合い11
訪問難易度12
観光地要素13
化石的価値13
総合評価49

言われてみれば学校跡地かも…?というほどに姿をくらましている。2020年夏に写真展が開催されたらしく、標柱か看板の建築が望まれる。

さじなげB級ポイント

羽後町は田代エリアを中心に取り上げてきたが、中心街である西馬音内エリアも見逃せない。区画整理など素知らぬ顔で昭和の町並みを今に残している。

あっさり食感の蕎麦を食べてから無料プランのHPに拍子抜けし、金易二郎名誉九段 (日本将棋連盟初代会長)の石碑を見つけてから学校へと向かおうぞ。

羽後町西馬音内 大通り
※祝日の羽後町メイン通り

入るとすぐゆるかやな登り坂となり、不自然に広い左は荒れ地となっている。町外れの羽後高校を横目にスルーし、田んぼを縦断し南下していく。

4kmほど進むと田沢地区に着く。隣の鹿内を含めた本校にだいぶ近い学区を有し、西馬音内小学校田沢分校は明通に繋がる十字路付近にあった。

羽後町立西馬音内小学校田沢分校 全景

青い屋根の建物が学校跡ではなく、校門の手前付近に新たに作られた「中田沢会館」である。建物前のガケ崩れ注意看板には正確な場所が記されている。

秋田・消えた分校の記録」によると、1958年には最多児童の99名を数えたという。学校には4年生までが通い、1997年以降は複式学級だったという。

羽後町田沢

2002年の閉校後は統合元はもちろん、近くの明通小学校も閉校してしまった。

更に羽後高校は県内屈指の定員割れ(3割前後)が続いており、今後更なる統廃合が加速していくだろう。せめてその証だけでも残してほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA