増田町 戸波鉱泉 ~激レア林檎の隠れ里~

増田町 戸波鉱泉(となみ)

戸波鉱泉 外観

About 増田町 戸波鉱泉

秋田県横手市増田町戸波字吉ヶ沢口9-3にある現役の日帰り入浴施設。開湯100年を越える長寿物件だが、観光客はほぼ来ず地元民に親しまれている。

スポット評価

終末度合い11
訪問難易度16
観光地要素16
化石的価値16
総合評価59

全国的にも珍しいアルカリ性泉質を持つが、幹線道路から反れに反れた行き止まりにあるためかなりわかりにくい。看板をもう少し増やしていただきたい。

さじなげB級ポイント

かつて増田町は観光振興に消極的だった過去がある。内蔵は人様に見せるものではないという謙虚の心を持ち、いつも静かに笑っていたからだ。

障碍者が生まれた場合蔵や屋根裏から出さずに育てたと聞いたこともあるが、ことの真相は定かではない。いずれ県内屈指の観光地になったことは明らか。

戸波鉱泉 入口

横手市増田振興局から南下し、県道108号「川連増田平鹿線」を1kmほど進むと上画像となる。

左に見える地味な看板こそ唯一のヒントとなっている。謙虚な姿勢こそこの町の本領、たまらない案内に冷や汗が豪速球。

集落に入る橋を渡って2kmほど進むと上画像である。戸波は「ケラ」作りを元禄時代から伝える古い集落で、時代を越えても町並みが変化していない。

左折して700mほど南下し、りんご園をもろに経由して目的地に至る。

戸波鉱泉 看板

戸波鉱泉は1914年の強首地震で湧き出した冷鉱泉(多量の鉱質物を含む泉水)で、ph9.0の強アルカリ性泉である。(公式ホームページ

以前は自炊や宿泊も受け付けていたが、現在は日帰り入浴のみの営業となっている。隠れた温泉ファンには欠かせない良スポットといえる。

3 件のコメント

  • うわぁぁぁぁぁぁぁ♪ 公式ホームページより丁寧な案内写真をありがとうございます!!

    日帰り温泉施設として建てたものではなくて、大正時代から長期療養湯治だったとこの再利用なので、
    ご不便おかけします(;’∀’)
    泉質の良さだけがとりえの、狭い&不便な107年めの古い温泉ですが、よろしかったらまたおいでください。

    そうそう、看板の件。増やしたいのですが税金が~自分の敷地であってもなくても屋外広告物は
    税金徴収されるのです(´;ω;`)ウゥゥ NНK受信料みたいでしょ。見なくても取られる「あれば」取られる~

    • 石塚です。当サイトでは珍しい当事者コメントに感銘を受け、委員一同apple社からAndroidへの切り替えを決めたところです。
      増田町は決して蔵だけではないことを多くの方に理解していただきたいと思う今日この頃です。

      看板は世知辛い世の中ですね…マンガ美術館の原画に案内パンフを紛れ込ませておきましょう。道中も楽しかったのでまたよりたいと思います。

  • 管理人様、ご親切感謝申し上げます♪
    かねてから注目していたこちらのサイトで、しかも「謎の建造物」コーナーに取り上げて頂けるとは♪こんなとこに嫁いだ私が言うのもなんですが「よく来てくれるなあ。みなさん、怖いもの見たさかな?」と不思議です。途中のリンゴ園の地主さんたちを拝み倒して、土地を売ってくれた人のとこを繋いで舗装してできた私道です(のち市に寄付して今は市道です。あれでも~)細いのと曲がりくねってる秘密はソコです!

    当町には日本一豪華な公民館もたくさんあります。体育館や音楽室、図工室まである・・・前町長様が、出生率ヒトケタの集落に豪華校舎を建てまくり、ほんの数年で地域センターとして各部落に提供したからです。数百円で体育館ひとりじめバドミントンも可能です♪体力づくりにどうぞ~
    今では町内に小学校1つですが、統合しても学年一クラス・・・限界集落どころか限界市町です。

    実は真面目な内容を、一見おちゃらけサイト風フィルター掛けて提起している「まじめにふまじめ」かいけつゾロリのようなサイトとお見受けしました。どうぞご活躍ください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA