考える富根少年 ~考えろ、己の行く末を~

考える富根少年(かんがえるとみねしょうねん)

考える富根少年 アップ

彼は考える。命尽き果てるその日まで。

About 考える富根少年

秋田県能代市二ツ井町飛根(とぶね)字町頭(まちがしら)にあるJR「富根駅」に併設されている石像。そのむかし富根中学校の卒業制作で建立されていて、見る限りでは一切のメンテナンスが行われていない。彼は自分の人生についてでも考えているのだろうか。

スポット評価

終末度合い11
訪問難易度7
観光地要素9
化石的価値10
総合評価37

彫刻家ロダンや英会話NOVAのCM担当にも見てほしい素朴な出来栄え。武骨な男に言葉はいらないと示してくれるダンディズムがビンビンである。

特徴

JR奥羽本線と五能線が交わる「東能代駅」から2駅。かつて(昭和47年/1972年から)は農協のマーケットと合体していた東北初の「農協ストアー」だった。しかし時代が早すぎたのか、平成18年(2006年)からは無人駅となっている。

線路は幹線道路から若干外れているため、メイン道路も集落の人以外が通ることはほとんどない。観光地というわけでもなく、商店通りもないシンプルな昭和の街並みが残っている。

考える富根少年 駅構内

昔ながらの造りの富根駅構内。しかし駅舎は簡易版にリフォーム済。

そんな地域の有様を、愁いを帯びた瞳で見つめ続けるのが「考える少年像」だ。

当サイト上ではわかりやすく「考える富根少年」と名付けたが、もはや青年であろう彼が居座る石段の下には次のような説明書きが記されている。

考える富根少年 説明

守る会「青志会」。今も存在しているのだろうか。

この少年、どうやらモデルの「工藤新生」という方(学生?)がいたらしい。しかしながら電話帳で検索しても出てこないため、現在秋田にはいないのかもしれない。いたらコメントください。取材します。

美術科があるわけでもないのに、卒業制作としてなぜこの像が作られたのかはよくわかっていない。当委員会が大きくなれば、いずれたどり着ける日もあると信じたいところだ。

考える富根少年 目線

年々訪問するごとに塗装が剥げてきている。寿命が近い…

彼は雨の日もハレの日も、富根の未来を考え続ける。

 

しかし彼が本当に考えていることはおそらくそれではない。ここの駅にはトイレがないので、かれこれ半世紀以上ウンコを我慢し続けているのだ。我慢しすぎた結果、肌にその色が出始めたのだろう。

それかもしくは、スケベなことかもしれない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA