横手嬲られカカシ ~笑顔に隠れし悲鳴と怨念~

横手嬲られカカシ(よこてなぶられかかし)

横手嬲られカカシ 外観

彼女は優雅だ。時間を奪う魅力を持つ小野小町か。

About 横手嬲られカカシ

秋田県横手市大屋寺内長谷にある謎の人形。カカシらしく立てられているわけでもなく、イスに座り日陰から3面ばかりの田んぼを眺めている。その表情の奥には、いったい何が眠っているのだろうか。

スポット評価

終末度合い15
訪問難易度4
観光地要素7
化石的価値12
総合評価38

何もない田園風景のなか、突如として現れる彼女。遠目ながらも、その強大なオーラに誰しもが青天の霹靂を覚えることだろう。ここ5年程度で生まれた生物と見られ、今後新たな横手名物としての期待が高まる。

特徴

JR奥羽本線「柳田駅」から徒歩10分、横手市栄小学校から南に300mほど離れた場所に「大屋沼」というため池がある。ほとんど奥の大屋寺内集落に行くための道路であり、地元住民以外で通る人はほとんどいない。

また、国道13号線と県道267号線が交わる新藤柳田交差点から車で1分足らずの近場にあり、最寄りの「ローソン 横手柳田店」へのバイト希望な可能性もある。

横手嬲られカカシ 沼2

丘の上にあるため、意外と見晴らしの大屋沼。ちなみに手前には獣の死骸があった。

カカシがいるのはここからすぐ下(北)に位置する長谷という地区だが、そのすぐ隣には「嬲沢」という地名がある。

お察しの通り地名関係の本には出てこないので、「なぶる」で広辞苑の力を借りることにする。

 

①責めさいなむ。いじめる。②からかい、ひやかす。ばかにする。③手でもてあそぶ。いじる。

 

横手嬲られカカシ 入口

沼の入口には謎の通路があった。…入らなかった。

おそらく近くの集落の方が制作した人形だろうが、カカシにしては田んぼから離れていて、長く愛されたいのか屋根が付けられている。もしやカラス撃退のためではなく、何かしらの犯罪防止のために設置されたオナゴなのだろうか…?

下の画像をよく見てほしい。絶妙にババ臭いズボン、簡素なテーブル…しかしながら米倉涼子ばりに美しく組まれた脚線美、絶対に失敗しない農業を教えてくれそうだ。

横手嬲られカカシ アップ

小屋の高さは1.8mほどあった。

そしてなぜか重ね着された「リポビタンD」の赤いTシャツ。地域社会に全くなじまない異彩の放ち方、それを消し飛ばそうとせんばかりのかめはめ派的なポーズ、おまけにかわいいおさげ紙。さながら彼女はオリジナルの道祖神だろうか。女性のシンボルもしっかりと作られているのかもしれない。

彼女は優雅に座り、あさっての堀ノ内、中里、鬼嵐集落を見つめている。きっとこの町のレ〇プ被害は一件もないことだろう。警察いらずのひとり自警団は、今日もギラギラと目を光らせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA