サイカ長根線 ~自治会館へのいざない路線~

サイカ長根線(さいかながねせん)

サイカ長根

能代二中前バス停。中央右に見えるのが12で、奥が11以降。

About サイカ長根

秋田県能代市彩霞長根(さいかながね)地区に位置する路線。秋田方面から羽州街道(7号線)沿いに来るとナガハマコーヒー能代店を左折してから能代松陽高校に入る路地の手前までの道路の左側に位置している。住所上は彩霞長根地区の東端にあたり、路線沿いには病院や個人商店が立ち並んでいるのがメイン路線となる。

スポット評価

終末度合い5
訪問難易度4
観光地要素7
化石的価値6
総合評価22

幹線道路沿いは何気ない路線だが、派生路線(脇道に入っていく東西の番号が付いた箇所)は完全な住宅地のためのんびり散策可能。見過ごしがちだが、能代中心地手前の住宅街も見逃さず探索したいところ。

特徴

電柱番号は最大19。道路には自転車用の青い路線があるため実質4車線あり、反対側には別路線(現在名称未調査)が流れている。「彩霞」を調べたところ中国語で朝焼け・夕焼けという意味があるらしい。全国的にも地名にはあまり仕様されていない単語だと思われる。

ちなみに路線沿い11番には唯一の集合住宅「レジデンス藤」があり、やや雑な駐車場の線引きや、隣の建物との絶妙な境界線は一見の価値あり。長めの電線も併せて見ておきたい。

そしてサイカ長根線最大の見どころ、画像にある木村医院を右折した先にある出戸第五自治会館(彩霞長根23-6)だ。目の前の番号はサイカ長根線12西3南1西2、なるほどわかりにくい。路線番号を予想しつつ散策するのも悪くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA