うどんそば自販機(男鹿) ~土崎よりもよろしく~

うどんそば自販機(男鹿)(おが)

うどんそば自販機 男鹿正面

今や人気者の筐体…の本来のタイプ。(2014年撮影)

About うどんそば自販機 in 男鹿

秋田県男鹿市船川港船川字芦沢205番地にある「(株)男鹿水産」に設置されている自動販売機。タイトルの通り、秋田市土崎の「佐原商店のうどんそば自販機」の陰に隠れながらも根強い人気を集める地域の味方だ。船越のやつとは違い、ちゃんと稼働している。

スポット評価

終末度合い11
訪問難易度8
観光地要素8
化石的価値12
総合評価39

土崎の自販機はNHKの「ザ・ドキュメント72時間」で取り上げられて以来県内外で注目が集まり、現在設置されているセリオンリスタに併設の道の駅では持ち帰り用も販売されている。立派な観光資源となったのだ。しかしこちらは寒空で戦い続けている。海の男たちの喉を潤すハードボイルドな漢(おとこ)なのだ。

特徴

前述の通り、人気の陰に隠れながらも長年地域住民に愛される自販機である。設置されている「(株)男鹿水産」は紅ズワイガニで知られており、ひとシーズンで800~900トン近く獲れるというカニたちは、県内海産物の中でもトップクラスの水揚げ量を誇っている。

そんな海の男たちを癒す自販機には、欠かせない調味料がセットだ。上の画像を見てもわかる通り、「一味唐辛子」が大胆にも紐で括りつけられている。

うどんそば自販機 男鹿目線

用法・容量を守って正しくお使いください。

もしかすると、ちょっぴりしょっぱいのだろうか…。

冬以外は屋根と軽食休憩用のベンチが設置されているので、ゆっくりと一味唐辛子を眺めながら食事を楽しむことができる。 ※現在も括りつけられているかは不明

うどんそば自販機 食べながらの景色

うどんを食べながらの景色。

ちなみに隣では「永」が販売されている。カニを冷やすための…こ…永…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA