能代市立日影小学校 ~滲み出る新型道祖神~

能代市立日影小学校 (ひかげ)

能代市立日影小学校 外観

About 能代市立日影小学校

秋田県能代市朴瀬日影にある学校跡地。2008年に向能代小学校へ統合され、森の中に木造校舎がそのまま残されている。

スポット評価

終末度合い16
訪問難易度14
観光地要素13
化石的価値17
総合評価60

キモすぎる立地に初見では引いてしまうが、ここには不思議な魅力がある。山奥でもないのにひっそりと影を落とし、不気味に語り掛けてくるからだ。

さじなげB級ポイント

東能代駅前から東に1kmあまり、鰄淵(かいらげふち)から峰浜方面へ向かって64号線を北上させていただこう。

なお、駅裏には桧山川橋梁なる歴史的建造物が残されている。リンク先に詳細が明記されているのでネタバレは避けるが、併せて訪問しておきたい。

桧山川橋梁

3kmほど進むと能代市朴瀬(ほのきせ)に到着し、何もない田園に建つJAあきた白神の本店手前で右折する。3戸ほど住宅を過ぎれば不吉な影が見えてくる。

森の中に隠れる別荘かと思いきや、石碑で学校入口だとわかる。

能代市立日影小学校 外観

能代市立日影小学校は1949年の開校、(今では到底イメージできないが)能代市北東部の多くの児童を輩出した。

原因はもちろん人口減少によるもので、その証拠が学校裏に残されている。

能代市立日影小学校 人口減少の原因

空き缶が括りつけられた上半身だけのマネキン…教育委員会に対する「児童がいますアピール」なのだろうか。

偽道祖神の力は大人にまでは及ばなかったようだ。しかし今になってその憎悪が恐ろしく我々に語り掛けてくる。夜中に近寄ってはいけない場所である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA