きずなばし ~忘れられた真のゆるキャラ墓地~

きずなばし(河辺へそ公園内)

きずなばし

ゆるキャラブームよりもはるか前、そいつは旅立った。

About きずなばし

秋田市河辺岩見字善知鳥坂135-1にある公園内の設備。80年代まちづくりの一端として「秋田県の中心地」に作られたのがこのきずなばしのある「へそ公園」だった。千秋公園とは毛色が全く異なる。

スポット評価

終末度合い4
訪問難易度7
観光地要素6
化石的価値2
総合評価19

秋田駅中心市街地から車で約40分。公園の敷地は広く、炊事場はトイレも完備されているため訪問は比較的簡単。公園を過ぎると後述する「岨谷峡(そうやきょう)」や「伏伸(ふのし)の滝」もあるため終末度合いは低めの採点。しかしアイツを忘れてはいけない。

特徴

隠れ別荘として大屋敷を構えるセレブがいると噂の小平岱集落と、茅葺き屋根が残る秋田市再東端な鵜養(うやしない)集落の間に挟まれたへそ公園は、都会?な秋田を離れて羽を伸ばすにはぴったりな景勝地だ。

岨谷峡 きずなばし 付近

岨谷峡入口付近。美しい渓流が耳に心地よい。

ただし問題は「きずなばし」で繋がれた森の先が未開の地状態になっていること、そして橋のキャラクターへの説明が不十分なことだ。コイツは2000年代初頭までへそ公園で行われていた「河辺へそまつり」のイメージキャラクターなのだ。

へそまつり in きずなばし

美白が冴えわたる。

そのお祭りでは周辺の集落からへそおどりの精鋭が集められ、1~10人ほどで見事な踊りを魅せていたという。平成も終わろうかというこの世の中、「へそおどり」もある意味無形民俗文化財となりつつある…かもしれない。

公園の入口にある看板、そして立体キャラはこの橋の2体を残すのみとなってしまった。今こそグッズ展開、いやへそおどりの若者での復活を望むばかりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA