大館市 市営長森住宅 ~公営大量虐殺~

大館市 市営長森住宅 (ながもり)

大館市 市営長森住宅 F棟
雪降りしきる中、それはまだ生きていた。

About 大館市 市営長森住宅

秋田県大館市花岡町字長森33にある市営住宅。全28戸でAからKまで並んでいるが、そのうちD、H、I棟は既に解体されていて残っていない。現存する8棟も半分以上が現在使われておらず、空前の灯を見せつけてくる。

スポット評価

終末度合い21
訪問難易度11
観光地要素16
化石的価値19
総合評価67

大館市北北西に位置する花岡地区から更に北上した場所にあるため、観光客はまず来ないと考えていい。しかし奥に繋沢集落と土目内集落があることで市営バスが通じており、公共交通機関でも訪れることができる。

さじなげB級ポイント

大館市花岡地区はかつて鉱山集落として栄え、釈迦内の西隣に位置している。歴史好きか熱心な秋田フリークであれば「花岡事件」を忘れることはないだろう。

1945年6月30日、中国人炭鉱労働者が管理人の日本人を殺害し、その報復として400人以上が虐殺された事件である。
今でも毎年その日には慰霊祭が執り行われ、弔いを一生忘れないよう後世に語り継いでいる。

しかし戦後70年が経ち、ゆとり教育も相まったのか学校でこの事件を扱うことも少なくなった。気になる人は図書館で「マンガでわかる花岡事件」的なものがあるので是非借りてほしい。はだしのゲンを思い出させる残酷な殺戮シーンを見ることができる。
幼き日のサイト管理人の夢に出てきたことを今も忘れることはない。

大館市 市営長森住宅 花岡地区
花岡地区のメインストリート。周囲にはいまも工場が立ち並び、異様な空気を感じる。

いちおう中心街には(道中が狭すぎて訪問しにくい)花岡温泉鳥潟会館などがあり、花岡平和祈念館では事件の詳細を知ることができる…がホームページひとつないので営業時間を案内できない。残念である。

そこから北に300m近く、登り坂の脇に2本の石柱が見えてくる。一瞬頭の中に疑問が沸くのだが、その先に見えてくるのが本日の主役なのだ。

大館市 市営長森住宅 全景
狭窄な道路に長屋が連なる。バスは止まらず通り過ぎていった。

市営長森住宅に関しては老朽化のため2019年1月現在入居受付は行われていない。そのため建築年代を確認できる資料が公開されていないが、入居受付中で最も古い市営片山住宅が昭和36年建築と判明しているので昭和30年代前半と推測される。見た目は小坂町営あけぼの住宅にも近い。

ここで一点注意だが、目視で確認したところ3戸ほどが現在も住宅を利用している。上画像奥のB棟はまだ人間の英知を感じることができ、わずかなスペースで「人の手とは何か」を考えさせられる空間となっている。

大館市 市営長森住宅 C棟
ツタに囲まれ放題のC棟。入口は堅く閉ざされていた。

画像では確認できないが、全退去済の住宅にはセコムの管理マークがついている。安易な訪問は警備を招くので併せて注意したい。
加えてJ棟とK棟はツタが生い茂り、車で訪問すると行き止まりとなる。一部の地図ではK棟の奥から通常の道路に戻れるかのように明記されているが、実際は不可能だった。

集落のすぐ奥には十瀬野公園墓地があり、辺り一帯は非常に静かである。建築年代が古い市営住宅は周囲の視線から隠れるように建築されている場合が多いのだが、長森はわずかな台地になっているのみで坂下の小坪川集落からも丸見えである。失礼な言動をお詫びしたい。

大館市 長森市営住宅 繋沢集落
長森市営住宅~公園墓地~そして

ちなみに市営住宅から北上するとコイツの登場だ。ここを通るバスを見るだけでも、花岡地区を訪問する価値があるだろう。

遠くに消えるノスタルジックを静寂が包み込む。繋沢~土目内間は400m周囲で繋がっており、うまくUターンできるので初心者にも優しい。

そして冷えた体は花岡温泉で…よくできた観光ルートだ。また来よう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA