ロゴ2022

ふざけたページを閲覧いただき、誠にありがとうございます。

こちらは秋田の廃墟を網羅するキモサイト、「全自動さじなげ委員会」と申します。我々は皆さまも素敵な田舎ライフを手助けするため、4つのカテゴライズと4つの評価指標を提示しています。いざディープな過疎先進地の旅へとお出かけください。責任は負いません。(名称部分をクリックするとカテゴリごとの記事一覧が表示されます)

よろしければ委員会構成メンバー全物件のランキングページも併せてご覧ください。

【注意】廃墟や廃村の訪問には危険が伴います(害獣や悪路など)。また、区画管轄によっては無許可の訪問が禁止されている場合もあります。安易な気持ち、軽装、事前調査無しの訪問は絶対にやめましょう。

全自動さじなげ委員会 捜索ジャンル分類


廃村・限界・限界集落

こいつらは観光案内所はおろか、市町村史からも亡くなっていく存在です。人がいなくなった場所にサービスは必要ない。語る人がいなければ歴史も跡形もない森林に戻るだけ。その寂しさが旅気分を駆り立てます。

廃村 全自動さじなげ委員会

訪問難易度

B級スポットの醍醐味は訪問の難しさにあります。そして長い道のりを進んだ割には達成感が少ない。それこそが観光地でない証。日常生活では出会えないレアモンスターがいることもあります。怖いね。

電柱路線 全自動さじなげ委員会

謎の建造物

インフラ工場から繰り出される文明のビームは、ときに情熱的な集合住宅や個人商店にも注がれています。そしてその下には、集落の歴史を残す石碑や標柱も佇んでいる。それこそ地域の魅力、新たなる観光への第一歩なのです。つまり謎こそロマン。

廃墟ホテル 全自動さじなげ委員会

電柱路線

すべての電柱には固有の番号があり、「〇〇線△△番」と区別されています。単純な管理番号といえばそれまでですが、そこら中に張り巡らされている現代、誰にも気にされない電柱たちは何本連なっているのか…。無機質なポールたちを眺めると、新たな観光資源になりうるかもしれません。

二古団地線 全自動さじなげ委員会

もうあることが奇跡。後世に残すべき近代遺産である。それ即ち旅の想い出。

新着記事3つ(記事一覧は「コチラ」)