ご利用の手引き

当委員会はセルフサービスとなっており、散策方法は訪問者の皆様にゆだねられています。我々はそれを手助けするために4つのカテゴライズを用意しています。最大限のサービスを電気と共にお届けします。(名称部分をクリックするとカテゴリごとの記事一覧が表示されます)


電柱番号

すべての電柱には固有の番号があり、「〇〇線△△番」と区別されています。単純な管理番号といえばそれまでですが、そこら中に張り巡らされている現代、その数字は一体どれほどなのか…。このカテゴリでは番号が極端に多いor少ない路線だけではなく、単なる直線ではないトラップ路線の存在も明るみになります。

二古団地線

訪問難易度

アイツはいつも道路にいるわけじゃない。ときには山を越え田んぼをまたぎ、生活圏から外れたのけ者も存在しています。中には日常生活では出会えないレアモンスターもいらっしゃる。怖いな。

周辺観光地

電柱あるところに建築物あり。ライフラインを繋ぐ存在の下には、人間たちの生きた証があります。エレクトリックワールドでは世界中が観光地。その明かりは誰に見られずとも、美しく輝いている。

秋田市立体育館

謎の建造物

インフラ工場から繰り出される文明のビームは、ときに情熱的な集合住宅や個人商店にも注がれている。そしてその下には、集落の歴史を残す石碑や標柱も佇んでいる。それこそ地域の魅力、新たなる観光への第一歩なのだ。

廃墟ホテル