ご利用の手引き

当委員会はセルフサービスとなっており、散策方法は訪問者の皆様にゆだねられています。我々はそれを手助けするために4つのカテゴライズを用意しています。最大限のサービスをお届けします。(名称部分をクリックするとカテゴリごとの記事一覧が表示されます)


電柱路線

すべての電柱には固有の番号があり、「〇〇線△△番」と区別されています。単純な管理番号といえばそれまでですが、そこら中に張り巡らされている現代、誰にも気にされない電柱たちは何本連なっているのか…。無機質なポールたちを眺めると、新たな観光資源になりうるかもしれません。

二古団地線

訪問難易度

B級スポットの醍醐味は訪問の難しさにあります。そして長い道のりを進んだ割には達成感が少ない。それこそが観光地でない証。日常生活では出会えないレアモンスターがいることもあります。怖いね。

 

謎の建造物

インフラ工場から繰り出される文明のビームは、ときに情熱的な集合住宅や個人商店にも注がれている。そしてその下には、集落の歴史を残す石碑や標柱も佇んでいる。それこそ地域の魅力、新たなる観光への第一歩なのだ。

廃墟ホテル

廃村・限界・限界集落

こいつらは観光案内所はおろか、市町村史からも亡くなっていく存在だ。人がいなくなった場所にサービスは必要ない。語る人がいなければ歴史も跡形もない森林に戻るだけ。その寂しさが旅気分を駆り立てる。

二ノ又